top
ご存じですか?耐火二層管 協会のご紹介 製品案内 index


 

施工が簡単である
耐火二層管は軽量のため、運搬、組立、加工が容易で工期の短縮につながります。

耐薬品性がある
内管は耐薬品性を有した塩ビ管なので、酸・アルカリ等に侵されにくくなっています。

排水性能が良好である
内管は塩ビ管なので、発錆がなく、かつ固形物の沈着も少なくてすみます。

防露施工は一般の場合、不要である
外管は繊維モルタル管で、断熱性があり、保温工事を必要としません。

遮音性が優れている
耐火二層管は、その材料・構造上から他管種に比べ遮音性能が優れています。
movie movie
  →360×240(mpg/7.6MB)
  →360×240(wmv/1.8MB)
クリックするとポップアップページが開きます。ご覧のPC環境に合わせてご覧ください。
注)比較実験の一例であり、耐火二層管の遮音性を保証するものではありません。

※Windows XP/SP2でポップアップが表示されない場合は、ブラウザの「ポップアップブロック機能」を解除してください。
<参考>Microsoft:Windows XP SP2 ポップアップブロックの概要
※Movieの閲覧には以下のPlayerのいずれかが必要です。
※下記のクリックでそれぞれのプレーヤーをダウンロードできます。
 ■Quicktime Player ■Windows Media Player
※ダウンロードには、ご利用のPCがインターネットに接続している必要があります。
※但し、騒音レベルに関しては建物の構造及び配管条件等によって異なります。


※耐火二層管にアスベストは使われておりません。
 
 
耐火二層管は、発売以来30年の歴史の中で耐火性、施工性に優れた製品として数多くの実績を重ねて参りましたが、近年建築においてますます重要視されてきております〈耐震性〉〈遮音性〉についても有効な性能を有しております。そこで、今回は特にこの2点の性能特性についての試験データを掲載させていただきました。

Test 1 耐震性能
目  的 耐震上の変形追従性能の確認
試験場所 (財)建材試験センター中央試験所
試験期間 平成8年11月〜平成9年2月
測定条件 *層間変形角1/200、1/100で1000回各加振層間高さ3m
試 験 体 *呼び径100A、150A管
(VU管、VP管)
 
1/200、1/100とも異常は認められなかった。
耐震試験結果
No. 評価項目 評価基準 結果
1 外管の
脱落・破損
剥離・脱落が
ないこと
異常なし
2 外管の損傷 隙間が
ないこと
異常なし
3 内管の気密試験 34.32kPa
(0.35kgf/cm2
の空気圧が
15分間低下しないこと
異常なし
*参考 技術資料 No.7



Test 2 遮音性能
目  的 他管種との基本的遮音性能比較
試験施設 ISO規格適合給排水音実験室
試 験 日 平成3年7月
測定条件 *JIS A 1424
「給水器具発生騒音の実験室測定方法」
*JIS Z 8731
「騒音レベル測定方法」
*排水流量 52リットル/分
(清水流)
試 験 体 呼び径100A管
 
試験体(直管)管壁からの放射音レベル
管材 名称 騒音レベル
dB(A)
FDPD-VP 100A 排水・通気用耐火二層管
(VP仕様)
38
CIP 100A 排水用鋳鉄管 43
DV-A 100A 排水用
硬質塩化ビニール
ライニング鋼管
45
*参考 技術資料 No.4
 
メールはこちらから

ページのTopへ
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-17-8 NBF池袋シティビル 5F
フネンアクロス株式会社内 TEL:03-5952-2201
 E-Mail…taika@fdpa.jp
Copyright : Fire resistive Dual Pipes Association. All rights reserved.